皆さん、こんにちは  毎日、本当に寒く、朝晩冷え込むようになりましたね・・・

今回、トレッキング部では妙義山に登りました

この石段、下から見上げただけでも、ものすごく急で・・・ 早速登る前から疲れが・・

登山口に入る前に「中の岳神社」に登山の安全と無事を願いし、お参りを済ませます。

地味な登山口から歩き始めるが、だんだんスタッフの口数が少なくなっていく・・・

 

今回は、初参加で、いきなりこの急な岩山を登る事になったスタッフも少なくないので、無理もないです・・・

でも、さすがだなぁと思うのは、島田オーナーをはじめ、男性スタッフ達は、難なく駆け上がるように登っていました

地元小学校の子供たちや、一般の登山者の方も非常に多く、沢山の方々と笑顔で、「お決まりの挨拶」を交わしながら、最初の休憩場所の

第四石門に到着

   

 

ここで、記念撮影でーす

なんとも無邪気なスタッフ達でしょうか・・・

一番に到着した島田オーナーは、 美しい紅葉を眺めながら、スタッフ全員の到着を気長に、気長に・・

待っていてくれました   ここで、ガーデンズスタッフの、アキちゃんとチサトから、甘いお菓子の差し入れを頂きました

さすが、女の子 準備いいな

さて、軽く休憩を終えて・・・  いよいよ、今回の目的地の大砲岩へ

でも・・・  いざ大砲岩が真近に迫ると登山道はこれまでとは全然違うんだ

垂直の岩壁に鎖が垂らされているが、ちょっと間違えたら崖下まで落っこちちゃうって・・・

それを、最大の緊張感で登り詰めると、何とも足場も非常に狭い、高い高い崖の上にきていました

 

この大砲岩まで到着出来たのは、

島田オーナーでした

本当でしたら、ここでこそ記念の写真を撮れればよかったのですが、私はあまりの恐怖で身動きがとれなくなっていた・・・(汗)

今度は、やっとの思いで鎖を下り、やれやれ皆と下山コースへ

下りながら「かにの横ばい」などの鎖場も挑戦したかったのですが、

かわいい小学生たちが、順番待ちをしていました

コースタイムがある程度限られているため、迂回路からの下山となりました

 

心配していた、お天気にも恵まれ、皆でお互いをおもいやり、声を掛け合い、  なによりは、全員無事に下山できて

本当に、よかったです